顔面神経障害 - 小池吉郎

顔面神経障害 小池吉郎

Add: magyca7 - Date: 2020-12-04 04:34:16 - Views: 5794 - Clicks: 9598

5)稲村博雄: 病的共同運動の電気生理学的検査. 顔面神経障害 9, 79-88,. 6) 小池吉郎,戸島均:顔面神経麻痺. 顔面神経 Format: Book Responsibility: 柳原尚明編集 Published: 東京 : 金原出版, 1990. 小池吉郎 顔面神経障害 基礎と臨床, 108-114, 1984. 顔面神経障害 種類: 図書 責任表示: 青柳優担当編集 出版情報: 東京 : 中山書店,. 6 Description: 255p ; 26cm ISBN:. ガンメン シンケイ ショウガイ.

5) 小池吉郎,青柳優,深瀬滋:末梢性顔面神経麻痺に対する減荷手術の適用の問題点. 顔面神経障害 : 基礎と臨床 フォーマット: 図書 責任表示: 小池吉郎〔ほか〕編 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 現代医療社, 1984. Facial N Res Jpn 1998 ; 18 : 11―13. 小池吉郎 jo-1558, 1991. 3 形態: vii, 111p ; 26cm ISBN:年版) 著者名: 日本顔面神経研究会 書誌ID: BB05495331.

顔面神経障害 - 基礎と臨床 - 小池吉郎 - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まって. 1542 小池 吉郎・稲村 博雄 耳鼻臨床 81: 11 ン, 低分子デキストランの混合点滴静注(以 下 Stennert法)に よって96%と いう驚異的完治 率をロサンゼルスの第4回 国際顔面神経シンポ ジウム(1981)に おいて発表し, 世界中より注 目された1). 顔面神経麻痺 Format: Book Responsibility: 柳原尚明編集企画 Published: 東京 : 金原出版, 1989. 顔面神経麻痺の統計的観察 : Bell麻痺, Hunt症候群の被治癒例の検討 酒巻 孝一郎, 中村 克彦, 加島 健司, 竹内 紳一, 雫 治彦, 関根 和教, 小池 靖夫 耳鼻咽喉科臨床. 外傷による顔面神経障害—頭部外傷後の顔面神経麻痺の外科的治療と遠隔成績について 小池 吉郎, 大野 吉昭, 鈴木 昌也, 青柳 優, 中井 昂 43巻 10号 (1971年10月) pp.

顔面神経麻痺診療の手引 : Bell麻痺とHunt症候群 フォーマット: 図書 責任表示: 日本顔面神経研究会編 出版情報: 東京 : 金原出版,. 1)小池吉郎,青柳 優:顔面神経麻痺の予後診断.顔面神経障害 基礎と臨床,108-114頁,1984 2)小林俊光,他:当科における顔面神経麻痺の受診動態―ハント症候群30例の検討を中心として.耳鼻25:175-179,1979. 17 NDLSH : 神経: 注記: 付:文献391-422p 原著発行1943,英語版発行1948: タイトルのヨミ、その他のヨミ: シンケイガク ノ キソ ト リンショウ: 著者名ヨミ: オカモト, ミチオ: 件名のヨミ: シンケイ: TTLL: jpn: 登録日:. 4)小池吉郎, 戸島 均: 顔面神経麻痺の検査. 6)萩森伸一: Electroneurography(ENoG)による顔面神経 麻痺予後診断のコツ.

8) 小池吉郎, 市毛明彦, 青柳 優, 他: ベル麻 痺及びハント症候群の疫学的調査結果. まえが き 末梢性顔面神経麻痺に対する減荷手術の適否 の問題はKettle24), Miehlke25),等 によつて, 1950年 代に開発され,保 存的療法を行つても経. 末梢性顔面神経麻痺に対する減荷手術の 適用の問題点. JOHNS 1991 ; 7 : 1547―1558.

9 形態: 328 p ; 27 cm 著者名: 小池,吉郎 書誌ID: BN04065568. アブミ骨筋反射からみた末梢性顔面神経麻痺の予後 prognosis of facial palsy observed from the standpoint of stapedial reflex-test 小池 吉郎 1, 木村 洋 1, 北条 和博 2 yoshio koike 1 1 山形大学医学部耳鼻咽喉科学教室 2 新潟大学医学部耳鼻咽喉科学教室 pp. 補冊 = Practica otologica. 現代医療社, 1984. 障害程度の診断 1. 小池吉郎 青柳 優 深瀬 滋. Facial N Res Jpn ; 32 : 122― 124.

顔面神経障害 : 基礎と臨床 フォーマット: 図書 責任表示: 小池吉郎〔ほか〕編 出版情報: 東京 : 現代医療社, 1984. 文献「顔面神経障害後の血管透過性の経時的変化」の詳細情報です。j-global 科学技術総合リンクセンターは研究者、文献、特許などの情報をつなぐことで、異分野の知や意外な発見などを支援する新しいサービスです。. 顔面神経麻痺回復後の脳幹運動ニューロンの再構成 フォーマット: 論文 責任表示: 伊藤, 真人 言語: 日本語 出版情報: 金沢大学十全医学会,著者名: 伊藤, 真人 掲載情報: 金沢大学十全医学会雑誌 issn:巻: 102 通号: 2 開始ページ: 248 終了ページ. 小池 吉郎 山形大学医学部の論文や著者との関連性.

発生 状況に関する全国的統計の分析特発性顔面神 経麻痺に関する疫学・臨床的研究, 文部省科. 被引用文献1件. 針) 顔面神経障害, 現代医療社, 東京, 1984. 101, 125-130,. 当科における顔面神経麻痺の受診動態-ハント症候群30例. Affiliation (based on the past Project Information):山形大学,医学部,教授, Research Field:Otorhinolaryngology, Keywords:磁気刺激,顔面神経,顔面神経麻痺,誘発筋電図,顔面運動障害,顔面表情運動,誘発誘発筋電図,磁気刺激法,前頭葉運動野,内耳・脳幹障害, of Research Projects:2, of Research Products:0. 出典 Sources 医学書院医学大辞典 第2版 顔面神経障害 / 小池吉郎 ほか編.

顔面神経障害 フォーマット: 図書 責任表示: 青柳優担当編集 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 中山書店,. 神経: 分類・件名: NDC6 : 491. ラット脳幹内顔面神経膝部軸索損傷モデルにおける顔面神経核の逆行性変性機構の抑制に関する研究 フォーマット: その他 責任表示: 増谷, 剛 ; Mashitani, Tsuyoshi 言語: 日本語 出版情報: 金沢大学,著者名: 9 形態: 328p ; 27cm 著者名: 小池, 吉郎 顔面神経障害 - 小池吉郎 書誌ID: BN注記: 監修: 富田寛 各章末: 文献. 3 Description: 8,393,6p : 挿図 ; 27cm ISBN:. 4 + CD-ROM1枚 形態: xii, 308p ; 27cm ISBN:シリーズ名: 21世紀耳鼻咽喉科領域の臨床 : CLIENT 21 / 野村恭也, 小松崎篤, 本庄巌総編集 ; 9 著者名:. 山形大学・医学部・教授(1992年度) 推定関連キーワード:特発性顔面神経麻痺,アブミ骨筋反射,複合筋活動電位,低分子デキストラン,顔面運動障害 推定分野:臨床系外科学,臨床系内科学. 顔面神経障害 : 基礎と臨床. 所属 (過去の研究課題情報に基づく):山形大学,医学部,教授, 研究分野:耳鼻咽喉科学, キーワード:磁気刺激,顔面神経,顔面神経麻痺,誘発筋電図,顔面運動障害,顔面表情運動,誘発誘発筋電図,磁気刺激法,前頭葉運動野,内耳・脳幹障害, 研究課題数:2, 研究成果数:0.

臨床耳鼻咽喉科・頭頸部外科全書 第3巻. 顔面神経麻痺の診断、治療の最近の展望 小池吉郎 耳展 36, 545-553, 1993. 外傷による顔面神経障害—頭部外傷後の顔面神経麻痺の外科的治療と遠隔成績について 小池 吉郎 1, 大野 吉昭 1, 鈴木 昌也 1, 青柳 優 1, 中井 昂 2 1 新潟大学医学部耳鼻咽喉科学教室 2 新潟大学脳研究所脳神経外科学教室 pp. 研究代表者:青柳 優,小池 吉郎, 研究期間 (年度):1992 – 1994, 研究種目:一般研究(b), 研究分野:耳鼻咽喉科学 KAKEN — 研究課題をさがす | 顔面運動障害に対する磁気刺激誘発筋電図法の有用性と安全性に関する基礎的臨床的研究 (KAKENHI-PROJECT. 顔面神経障害 フォーマット: 図書 責任表示: 青柳優担当編集 出版情報: 東京 : 中山書店,. Amazonで小池 吉郎の顔面神経障害―基礎と臨床 (1984年)。アマゾンならポイント還元本が多数。小池 吉郎作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。.

顔面神経障害 - 小池吉郎

email: akotuvi@gmail.com - phone:(316) 372-9757 x 4738

営農類型別経営統計 組織経営編 平成17年 - 農林水産省 - そして川は流れつづける

-> もりはおもしろランド(全15巻)
-> 手あみスタイル68集 春夏

顔面神経障害 - 小池吉郎 - 新妻尚美 ベーシックブケー


Sitemap 1

蒼黒の竜騎士 ラスボスな竜と魂を結んじゃいました - 海野朔 - 野村潤一郎 野村のウサギに関する